fx人気の理由

Posted by admin

TVCMやバナー広告などでFX、外国為替証拠金取引の広告をご覧になったことのある方も多いことでしょう。
FXは株式の信用取引と同じように、預託金を預け入れして、その預託金の何倍かの額の外国為替を売買することで、為替差益や為替差損により損益を確定させるものです。
現在、fxには既存の証券会社のほかに、IT企業、旅行会社、銀行、通販サイト、商社など様々な会社が子会社を作り、参入しています。
その殆どは有人店舗を持たないネット型証券です。
株式信用取引とfxの大きな違いは、株式の場合は取り扱う証券取引所が営業している時間中のみの取引で、その他の時間帯は、売買予約注文のみが入れられます。
これに対してfxは、各国の外国為替市場で為替取引ができますから、売りも買いも、24時間いつでも取引が出来ます。
また無人店舗経営ですから、人件費が安く抑えられるため、維持管理費や取引手数料なども、株式信用取引と比較して、安くなるわけです。
しかし強い通貨を持った国民、例えば日本人ですと、この手の外国為替では自国通貨を売って、各国の弱体通貨を購入するわけですから、利益は出しにくいものと思いがちです。
たしかに外貨預金などは、強い通貨から両替して弱い通貨で預金すると、金利の効果よりも為替差損が大きく、あまりメリットがありません
ところがfxでは、自国通貨を売って他国通貨を買うという、株信用取引でいうところの空売り、信用売りと同じようなことが出来ます。
つまりは円高が見込まれるなら、たとえその通貨を持っていなくとも売り注文を出して円を買うということができるわけです。
さらには株式信用取引では、最低単位が大きいため、初回から100万円以上の預託金が必要ですが、fxでは、それよりも一桁小さい額から、始められるのです。
そうした手軽にはじめられることがfx人気の秘密です。
しかし過度な競争から、敗者となって、撤退する兼業的証券会社もあるということは、覚えておきましょう。