高レバレッジのfx取引ができる証券会社

Posted by admin

2010年度以降、国内のfx証券では、金融庁の規制が行われ、証拠金の何倍までの取引が出来るかというレバレッジの最大倍率が、段階的に下げられ2011年度以降は25倍となりました。
同様なfxでのレバレッジの規制は海外でも行われており、アメリカでも、日本ほどではありませんが、100倍までとする規制が行われています。
たしかに、何百倍、何千倍の倍率のレバレッジはハイリスクハイリターンであり、ギャンブル的な正確が強くなるということから、このような規制が行われました。
まぁ、確かに株式の信用取引の一般的な倍率は3倍とか5倍、多くとも10倍ですので、それと比較するとまだまだギャンブル的な正確が強いというのが大方の見方です。
そこで、日本でもアメリカでも、かなり暗躍してシェアを伸ばしているのがユーロ圏、特にfx発祥の地で本家でもあるイギリスのfx証券です。
イギリスでは、レバレッジ規制がないため、証券会社によっては、未だに1000倍以上のレバレッジで取引できる証券会社も多々あります。
口座管理費用や手数料を最大限安くしており、TTSとTTBの差が少ないことでも定評があります。
もし1000倍のレバレッジだとすると、100万円の投資で、1ドル100円としても1000万ドルの取引ができるわけです。
そうなるともし、10銭円安の1ドル100.1円になっただけで、1万ドルつまりは1000万円の利益が出るわけです。
ただし、1銭円高の1ドル99.99円になっただけで、証拠金はなくなってしまい、自動決済されてしまい、手元には何も残らないということも頭に入れておかなくてはなりません。
中には、ワンコインからはじめられるものや、1分後に結果がわかり決済してしまうというものもあります。
ちなみに、昨今のユーロ圏のネット型fx証券会社では、日本語スタッフなども置き、カスタマーサポートに注力している会社も多くなってきています。
国内でも、fx海外証券専門の比較サイトも数多く存在します。